結露について

最近「結露しませんよ!」なんていう営業マンはいないほど気密や断熱についても理解は進んでいるが、「科学の本」を読んで勉強してみるとまた違う。


基本どんなに高性能に、高気密にしても、室内の湿度が高いと結露するのは当たり前。

また室内でストーブやファンヒーターをガンガンつけると結露するのも当然。一つの部屋に密集して長時間居ると湿度が上がって結露することそりゃある。


ただ、圧倒的に樹脂サッシのほうがアルミサッシに比べると結露水が少ないのは明らか。

実験済みだ。同じ環境下でも圧倒的に違う。


24時間換気の法律も昔有害な物質をふくんだ建材がめちゃ多く、健康を害する人が増えたから出来た法律だが、今はそんな建材作れない。だから本当に24時間換気が必要かは疑問だ。二時間に家の空気を一回入れ替わるわけだから熱効率は非常に悪い。だからと言って何でもかんでも電気を使った全館空調24時間換気!ハイ50万!も・・・・どうかと思う。

何でもかんでも大げさに言ったり、国の作った法律がすべて正しい様に振りかざす方もいるかもしれないが、実際はどうだろう?3種換気でも十分に快適に暮らして頂いている。


24時間換気は湿気を出すという意味では結露防止には非常に役立つ。ひどい時はトイレの換気扇を回しっぱなしにすることをお勧めします。エアコン効率は悪くなるので注意。

ずっとでなくてもいいからひどい時は回す。また遮熱断熱においてはカーテンで結構な性能があるものあるのでそれもいいと思う。(保温というか熱を遮熱するやつね!)


所詮窓は窓。壁より性能は落ちる。だが僕は最低クラスで「樹脂サッシ 樹脂スペーサー ガス入り」だと考えています。



0回の閲覧

© 2017 Copyright Smile Home. All Rights Reserved.